不動産売却を行なうにあたって信頼ができる不動産会社とは

玩具の家
このエントリーをはてなブックマークに追加

仲介手数料とは

部屋

中古マンションなどの購入を行ないたいと考えたときに、よく目にする言葉が仲介手数料という言葉です。仲介手数料とは、不動産売買や賃貸を行なうときに、サポートをしてくれた不動産仲介業者に支払うお金のことです。主に買主が不動産会社を利用して物件を買った場合は、買主が利用を行なった不動産会社に料金を支払います。また、売り主が不動産会社を通して物件を売った場合は、売り主が不動産会社に料金を支払います。このようなシステムを前提的にまとめて仲介手数料と呼ばれています。ここで知っておきたいポイントは仲介手数料は成功した報酬として支払うもので、売買の契約を行っても取引自体が成立していなければ支払う必要はないということです。
また、仲介手数料の中でも仲介手数料無料をサービスとして行っている業者も存在します。利用する側にとっては仲介手数料無料は嬉しいことですが、注意すべき点もあります。仲介手数料無料と言っていても実際にはほかの面で、通常の仲介手数料よりも高い金額を請求しているところもあるので、十分に気を付けてください。なお、仲介手数料無料の業者に行くさい、次の3つをチェックしておくと良いでしょう。1つ目が都合など関係なく、しつこいくらいに営業を行っていないか、2つ目が契約書を半ば強引に書かせようと行っていないか、3つ目が仲介手数料無料以外に支払う費用をちゃんと確認することです。無料という言葉に誘惑されることなく、業者の体制なども見抜くことが大事です。